「KK266」動作チェック!!
Last Updated : 2001/03/16



Iwill Japanさんより、「KK266」をお借りできましたのでKT133Aの実力をチェックしてみました。
私の好きなπは...でしたが今までのKT133よりも高FSBで動作しますので楽しめるM/Bと言えるでしょう。


0105 YF基板 KT133Aチップセット T-T



<PLL-IC>

とりあえずまだノーマルです。(^^;



<動作結果>
CPU:Athlon TB1.2G(BXHA0101)
MEM:GREEN MEMORY 128MB
VGA:CREATIVE GeForcePRO(GeForce256DDR)
HDD:Quantum FBLM 10GB
電源:AOpen 300W
OS:WindowsMe + DX8
Vcore1.85v Vio3.45v 室温17℃
MEM設定:CL2 Interleave=4Bank
VGA設定:MCLK 350MHz GCLK 160MHz

WCPUID(MEM最速設定起動限界)


Superπ104万桁(FSB166 x 9.0)


3DMark2001(FSB167 x 8.5)


3DMark2000(FSB167 x 8.5)


Final Reality(FSB168 x 8.5)





この板もGREEN MEMORYと相性が良いようです。
ただ、Vioがジャンパでも3.45v前後までしか上がらないためメモリへの喝入れが不十分と言えます。
Vcoreは、最大で1.85vまでBIOS上で変更可能です。倍率ももちろん可変です。

リリースBIOSだとFSB166がMAXでしたが、KK0277.binからFSB200までBIOSで変更出来る様になりました。
ただ、上記でも書いていますがVioが思うように上げられないため
今のところMEM最速設定でのOS起動はFSB170まで各種ベンチソフトはFSB168までが限界となっております...

また暇を見てVio乗っ取りしましたら更なる検証を行ってみようと思います。


[HOME]