CPU耐性テスト -Pentiumiii 866(SL4MD)-
Last Updated : 2000/11/09


cC0コアの石がだいぶ市場に出回ってきましたのでちょっと逝ってみました。
今現在、1GHzは高耐性で言うこと無しですが他の石はB0コアと変わらない、もしくはそれ以下と言われています。
とりあえず、今売られている中では1GHzの次という事でちょっと期待して購入してみましたが・・・


CPU....Pentiumiii 866 MHz(Coppermine FSB133MHz x 6.5倍)
(SL4MD 7040A614-0081 PHILIPPINES)


リテールFANがかなり大きくなっています。

ロットは40週品


<テスト環境>
M/BAbit BX133-RAID + Turbo.PLL01 + Vcore&Vio乗っ取り仕様
MEMGREEN MEMORY PC100 CL3 128Mbit 101TWN(128MB)
VGACanopus ZXR128P GTS(Riva128ZX PCI)
HDDPromise Ultra66 + Quantum FBLM 10GB
電源AOpen製300W
OSWin98SE


<純空冷 Superπ104万桁限界テスト>
室温:22℃ 冷却方法:KANIE Hedgehog-238M Vio:3.90V

 Vcore1.70V   FSB147   955MHz
 Vcore1.80V   FSB152   989MHz
 Vcore1.90V   FSB155   1009MHz
 Vcore2.00V   FSB158   1029MHz


とりあえず、π104しかやりませんでしたが言葉に詰まります・・・(T_T)
最初に1.7vで1GHzを超えないところからかなり不安を感じましたが、1.8vでも1GHzを超えなかったのには唖然です。(^^;
結局1.9vで1009MHzと辛うじて1GHzオーバーです・・・
気合の2.0vも耐性はそれ程上がらず1029MHzでした。(T^T)

cC0コアになり、ちょっと期待していたのですが涙の報告となってしまいました。(T_T)
ここに来てかなり選別がきちんと出来てきたようですので、下位の石を購入してOCしようと思っているお方は気をつけましょう!
やはり、お薦めとしては高いですが1GHzの石という事になりそうです。
もしくはcC0コアに頼らずcB0コアの石で高耐性品をゲットするのが懸命かもですね。(^^ゞ

最近は、AMDさんの石がとっても元気が良いようで羨ましい限りです。(笑)
「Intelさーん、選別緩めて下さいよ〜〜〜」(^^;;;


[HOME]