CPU耐性テスト -Pentiumiii 1000(SL4BS)-
Last Updated : 2000/10/11


cC0コアの初物、私にとっては非常に高価な「P3-1000」を入手してしまいました。(^^ゞ
空冷で簡単なテストを行った後、いきなりドライアイスで凍らせてしまったため、
空冷での詳細なテストは追って行いたいと思います。


CPU....Pentiumiii 1000 MHz(Coppermine FSB133MHz x 7.5倍)
(SL4BS 00340307-0141 COSTA RICA)


ロットは34週品、デフォルトのコア電圧は1.7vです。

コアは30週品


<テスト環境>
M/BAbit BH6 Rev1.2 9938週 M-K + Turbo.PLL01
MEMHYUDAI HY57V168010D TC-10P 9915A KOREA(32MB)
VGACanopus ZXR128P GTS(Riva128ZX PCI)
HDDPromise FastTrak66 + Quantum FBKA 9.1GB * 2
電源AOpen製300W + EX-33ADPU(3.3V拡張設定アダプター)
OSWin98SE


<純空冷 Superπ104万桁限界テスト>
室温:26℃ 冷却方法:ALPHA P3125 Vio:3.90V

 Vcore1.70V   FSB144   1080MHz
 Vcore1.80V   FSB148.5   1114MHz
 Vcore1.90V   FSB152   1140MHz
 Vcore2.00V   FSB156   1170MHz


<ドライアイス冷却テスト>
Superπ104限界   Vcore2.20V   Vio4.02V   FSB180.56   1354.22MHz
WCPUID取得限界   Vcore2.30V   Vio3.95V   FSB183.34   1375.06MHz   ※メモリは、Micron SM3 MT-7E(128MB)を使用


[戻る]